ティムショールブログ | カイロプラクティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore

ティムショールブログ

ティムショール トップへ >> ティムショールブログ

血糖値を急激にあげると…太る!?

2019.01.18

こんにちは。

 

キレイな満月見ましたか?

 

スーパームーン!

 

さらに、アメリカや欧州では、スーパー・ブラッド・ウルフムーンだったみたいです。

 

色々な月の名前があるんですね。

 

池島です。

 

 

血糖値が急激にあげるリスクについて書きました。

 

それでは、どのような食べ物がいいんでしょうか?

 

まず血糖値の上がりやすさを表す言葉を【GI値】といいます。

 

これは、みなさん聞いたことがあると思います。

 

【炭水化物の吸収速度を表す指標】

 

GI値の高い食品を高GI値といい、白米や食パンなどは高GI値食品に含まれます。

 

高GI値食品を食べると1時間後には血糖値は150ぐらいまであがってしまいます。

 

そして、血糖値を下げようとして、インスリンが過剰に分泌されてしまうのです。

 

血糖値が上がりやすい炭水化物ですが、最近では、同じ量の炭水化物を含む食品でも、食物繊維の量により血糖値が急激に上昇するものと、おだやかに上昇するものがあるということがわかりました。 

 

たとえば、同じパンでも、ライ麦パンなら低GI、白いパンなどは高GIになります。

 

食物繊維が含まれているものは、低GIになるんですね。

 

 

GI値の参考に簡単な表を載せてみました。

 

僕はパンが好きなので基本的に高GIになってしまいます…。

 

おだやかに糖を取り込む低GIの食品を知ることは、健康的な生活のためにとても重要になります。

 

 私たちにとって欠かせない栄養素である炭水化物を、ゆるやかに吸収することは、急激な血糖値の上昇や脂肪をつきやすくする肥満を防ぐためにも、大きく関わってきます!

 

みなさんも、参考にしてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事のページへ

ページトップへ