ティムショールブログ | カイロプラクティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore

ティムショールブログ

ティムショール トップへ >> ティムショールブログ

体重計乗っていますか?

2013.02.20

こんにちは。

 

朝の冷え込みにはもう我慢できません...。

 

カイロプラクティック・加圧トレーニングの

ティムショール新横浜 の池島です。

 

みなさん、体重計に乗っていますか?

 

見たくない人もいるでしょう!?

 

現実をみて体重計が壊れていると信じたい人も

 

いると思います。

 

しかし、体重に関しては事実です!

 

そこで、今回は体重ではなく体脂肪の値はどうだしているのかにふれたいと思います。

 

市販の体重計-体組成計は、生体インピーダンス法といわれる計測の仕方が一般的です。

 

まだ正確な方法も今はあるみたいです。

 

機械の上に乗って測るタイプ体組成計では、

 

両足をのせるところに電極が組み込まれていて、

 

そこから微弱な電流が流れるます。

 

一方の電極からもう一方の電極に流れた

 

電流の抵抗を測定する方式です。

 

微弱電流を流すことで体組成がわかるのかというと...

 

体を構成する組織は筋肉や脂肪などのうち、

 

水分量の多い筋肉や血管は電気を通すが

 

水分を含まない脂肪組織はほとんど電気を通しません。

 

  脂肪組織が多いカラダ=電気が流れにくい=電気抵抗が大きい。
  脂肪組織が少ないカラダ=電気が流れやすい=電気抵抗が小さい。

 

そのデータをもとに各メーカーによりデータを分析し

 

身長、体重や年齢により体脂肪率を導き出すのです。

 

しかし、水分量や時間によって体脂肪は3%くらいは変化する

 

と思います。

 

自分の状態を知ることは、とても大事だと思いますので

 

ぜひ体組成計にのってみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事のページへ

ページトップへ