症例事例 | カイロプラクティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore
  • 予約

症例紹介

むくみがなかなか治らない

2021.06.23

相談者 Oさん/30代/女性

【主訴】

 

全体的にむくみが酷く、全身が重く感じる。

 

 

【問診・検査】

 

仕事中はあまり席から離れられずトイレ以外はほとんどイスに座ってデスクワークを行っている。

 

水分は身体がむくんでいるのであまりとらないようにしている。

 

とりすぎるとトイレも近くなってしまうからなおさらとらないようにしている。

 

 

【施術内容】

 

問診検査で分かったことは、基本的にしてはいけないことなのでやってはいけません。

 

ほぼ丸一日姿勢が変わらない為全身の筋肉が固まっています。固まったままですと血液の循環を妨げてしまうのでほぐしとストレッチをして筋肉を緩めていきます。

 

脚は心臓から一番遠く重力の影響を受けて血液が下から上には戻りにくくなっています。一日中同じ姿勢なので筋肉のポンプ作用も見込めませんので下から上に血液を絞り上げて流していきます。

 

 

【施術後のコメント】

 

 

むくみ、浮腫とは静脈に血液が滞留しすぎて起きる症状です。血管内に留めておけない余分な水分をリンパ管や皮膚に移すことで血管を守るシステムですね。

 

むくみが良くならないということは血液が正しく循環していないということです。

 

人は一日2Lくらい水を必要とされ、体のいたるところで使われています。

 

もちろん血液の循環にも無くてはならないものです。

 

いくらむくんでいるからといって水分をとらないようにするのは間違っています。

 

あなたは水分をとりすぎてむくんでいるのではないからです。

 

皮膚に移った水分は自然に身体に吸収されていきます。ですが血液の循環が悪いままでは改善もされません。

 

着圧ソックスを履くことで血管に圧力をかけることが出来るので血行促進が望めます。

 

その他にも1時間に1回は立ち上がって下半身を動かしてあげることが重要です。

 

このことが何かの助けになれば幸いです。

 

大久保

 

 

ページトップへ