ティムショールブログ | カイロプラクティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore

ティムショールブログ

ティムショール トップへ >> ティムショールブログ

糖化って聞いたことありますか!?(2)

2019.02.07

こんにちは。

 

電車で落とした手袋が見つかりました!

 

池島です。

 

前回の続きです!

 

糖化を引き起こす主な原因は、【ブドウ糖】や【果糖】です。

 

ブドウ糖の元は砂糖と炭水化物です。

 

消化酵素の力でブドウ糖になり、生活のエネルギー源になります。

 

消費されなかったブドウ糖も、備えとして肝臓や脂肪細胞に貯蔵されます。

 

さらに、それ以上に摂り過ぎて余ってしまったブドウ糖は、タンパク質や脂肪と結びついて悪玉の老化物質に化けてしまいます。 

 

果糖は、食事や清涼飲料水から摂ると、そのまま腸から吸収されブドウ糖の10倍以上の速さでタンパク質や脂肪を糖化させて老化物質を量産してしまいます。

 

果物に含まれる果糖でも糖化が起こるかというと、果物に含まれる果糖の割合はそれほどまでに多くないのと食物繊維等も含まれるので適量を食べていれば問題ありません。

 

糖の取り過ぎが糖化へ繋がるんですね。

 

 

糖化するとは、【体がコゲる】と言われます。

 

よく例えられるのが、ホットケーキを焼く際、小麦粉や砂糖、卵、牛乳を混ぜますよね。

 

糖質とたんぱく質。

 

そして、フライパンで焼くときれいな焦げ目が!

 

そのコゲ色が糖化によって起こる現象です。

 

そして、この現象が体の中でも同じように起こっていると考られています。

 

【体がコゲる】

 

体にいいとは言えないですよね…。

 

また次回へ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事のページへ

ページトップへ