ティムショールブログ | カイロプラクティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore

ティムショールブログ

ティムショール トップへ >> ティムショールブログ

トレーニングとお酒②

2015.07.08

2015.07.08

こんにちは。

明日は、いきものがかりのコンサートがあります。

新横浜は賑わいますね!

池島です。
 



昨日、お酒のカロリーについて話ました。

今日は、トレーニングとお酒の関係についてです。
 
まず、トレーニングの目的がダイエットの方...。

・ アルコールを摂取すると代謝において優先的に燃料として使われます。
なので、アルコールがエネルギーとして燃えているときは、体の脂肪は燃やされません。
体の脂肪が減りにくくなります。

・ アルコールを摂取するとテストステロンというホルモンの分泌が下がります。
そしてコルチゾンというホルモンの分泌量が増えます。

テストステロンとは、筋肉を成長させる働きのあるホルモン。

コルチゾンとは、筋肉を分解する働きのあるホルモン。

簡単に言うと...

アルコールを摂取すると筋肉の成長を抑えてしまい、筋肉の分解を促進してしまう...。

トレーニング効果がでにくくなってしまう!ということです。

しかし、全てがダメとは言いません!

お酒も適量ならば、食欲増進やリラックス効果など【百薬の長】と言われています。

アルコールの体の処理能力は、個人差がありますので、このぐらいなら!という量は明確には言えませんが...。

体に負担のない適量を守れば、トレーニングには差し支えありません。

トレーニングしたあとは、少しお酒の量も考えてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事のページへ

ページトップへ