カイロプラティック、整体を中心に加圧トレーニングや肩こり・腰痛などのお悩みは新横浜、横浜の当院にお気軽にご相談ください。

TimShore

症例紹介

【年に数回繰り返すぎっくり腰、慢性的な腰痛】

17.05.30

相談者 Mさん/50代/女性

【症状】

・ 坐骨神経痛からくる左下肢の痺れ。

・ 腰を屈曲、側屈させると痛みと張りを感じる。


【検査】

・ 姿勢のチェック
・ 可動域・痛みの確認

【施術】

・ 首のカイロプラクティックテクニックによる矯正、及びストレッチ

・ 胸椎のカイロプラクティックテクニックによる矯正、胸部の筋肉の緩和操作

・ 腰椎のカイロプラクティックテクニックによる矯正、腰部、殿筋のストレッチ

・ 骨盤のカイロプラクティックテクニックによる矯正


【コメント-大久保】

整形外科に何度か通っていた時に、ヘルニアだと診断を受けたが患部に関しての説明は一切なかった。

坐骨神経痛が出るようになったのは、ヘルニアよりもっとずっと以前から。

ブロック注射をしたことで痺れの状態は軽減されたらしい。

以後牽引を続けていたがこれは変化なし。


ぎっくり腰は1か月前になったが慣れているらしく、痛みは特に出ていない。


全体的に身体の筋肉は固く、緊張が強い。

腰やお尻の筋肉をほぐして緩和し、矯正をしたところ、検査時に出た痛みは消えていました。左下肢の痺れも若干の軽減が見られました。


血流が著しく悪くなると、各部位に栄養が行き渡らなくなっていくので、筋肉はより良い状態を維持させて行きたいですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

ページトップへ